今女性にオススメの最新流行を集めました!

信じてる

割り切「信じてるから大丈夫」
・・・私は彼以外の人と出かける時、妙な誤解を招かないように彼に事前報告をします。
そういうと彼は必ず上のような言葉を言うのです。
そしてその言葉を聞くたびに心がチクリと痛むのです。

決して私がやましい事をしているわけではありません(笑)
彼はよく私に対して「信じている」という言葉を使うのですが、私はその言葉が
心に引っかかって仕方なかったのです。

本当に誰かを信じている時って、わざわざ相手に向けて「信じてる」なんて言わないと思いませんか?
私は言いません。
不安が少しある時にほど、自分自身を落ち着かせる為に「信じている」という言葉を思わず使ってしまうのです。
きっと彼も同じなのだろうと思いました。
だからこそ、彼にそういわれるのが辛かったのです。

不安なら不安ですって言ったくれたらもっとハッキリとした態度に改めるなり
信じてもらえる努力をするよ
」と彼に言いました。
しかし彼は「信じているから本当に大丈夫」と言いました。

そのままの関係は続いていたのですが、彼はやはり私に対して不安を感じていたようで
ある日それが爆発しました。
不安をあおるような事はしていませんでしたが、きっと不安だらけの彼にとって
離れている時間全てが不安だったのかもしれません。

男性への苦手意識が、夫と出会わせてくれました。

私は中学高校時代と女子高で育ち、姉と妹の3姉妹だったので異性と接する事があまり得意ではありません。
片思いの恋女子高育ちとはいえ、高校生にもなれば近くの男子校の生徒やアルバイト先の大学生と交際する友人もいましたが、私は両親が厳しくアルバイトはもちろん禁止、門限も8時という厳しさで異性との出会いは無縁といってよい青春時代でした。
大学に入ってからも内気な性格が災いして、これまた異性と出会いのない大学時代を過ごしました。
出会いがないとはいえ、大学には男子生徒もいるので、多少の免疫はできたとは思いますが、異性と話すとなると視線を合わせる事が出来ず挙動不審に思われていたかもしれません。
でも、そんな私でも結婚でき、今は子供もいて幸せな家庭を築いています。
夫との出会いは合コンなのですが、その合コンも男性恐怖症に近い私を心配した友人に無理やり連れて行かれたものでした。
もちろんその頃は社会人となり、上司や同僚に男性もいるわけですから、男性への免疫力もついてはきていましたが苦手意識は消えませんでした。
ですが、自分自身でもこれではいけない、この男性への苦手意識をなんとかしないとと思っていました。
その矢先の合コンだったのですが、やはりあまり男性と話す事はできませんでした。
でも、今の夫はそんな私を可愛いと思ってくれたらしく、合コンの主催者を通して猛アプローチをかけてきてくれました。
最初は私も戸惑いましたが、私に猛アプローチをかけてくれる男性など今までいなかったので、お付き合いをすることに決めました。
デートの時も私の緊張をほぐしてくれようと色々と努力をしてくれて、私の男性への苦手意識は彼に限っては一切なくなりました。
男性との出会いが全くなかったわけではありませんが、苦手意識のおかげで今の夫と出会えたと思っています。

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP